2011年03月07日

SWITCHBOARD CAFE

こんな小さいスペースでコーヒー屋さんができるんだ~

なんだか、こんな感じでコーヒーが飲めるのが最高の幸せではないかと思います。

スワンストンとコリンズストリートの角にある、マンチェスターユニティのビルの中にはいっていくと、お兄さん2人がテキパキとコーヒー作りに励んでいます。その奥にテーブルがドーンと路地裏においてあるんですが、その雰囲気はまさにとゆうかんじです。


豆は、NZランドのメーカー、コーヒーシュプリームを使っています。 マイルドなラテがいただけます。

http://www.beanhunter.com/cafes/review/switch-board-switchboard  


Posted by marky at 23:34Comments(2)

2011年02月15日

Cafe 111

ここのカフェは、illy coffeeを使用していて、お店の中もilly ギャラリーぽいかんじになっています。

ちょうど、ステートライブラリーとQVの間の道を東の方向にすすんでいくと、illyの赤い看板がみえてきます。

なんと、ここのお店はBGMがないので、とっても静か。

そして、ダーシーという宇宙人みたいな、フレンドリーなバリスタがいます。
(ちょっとした、人生相談をたまにしていました。)

おすすめのお菓子があるのでぜひ食べてみてください。

かたちがまるで、お菓子のbitz(森永?)のようなかたちで、が、しかし中にキャラメル層の部分があって外がクッキーみたいなかんじの、とてもおいしい焼き菓子があります。


あ~とてもなつかしい。。あのエリア。。。

京都はきょうは雪でした。  


Posted by marky at 01:06Comments(2)

2011年01月12日

Pollen Industries

最初にこのカフェに入ったときに思ったことが、日本みたいなカフェだな~。そして、いつもお店をとうりすぎてしまう。

ここのお店は、小麦を自店で挽いているため、マフィンを食べても、パテェ(おそらくメキシコ料理)をたべても小麦の本来の味が引き立っている。

お店のお兄さんと少しはなしをして、「あ~この人柄、このマフィン。。。」と納得。

またこのお店の、小さなバックヤードに行きたい。


素朴なマフィンの味は日本の和菓子を思い起こすような味でした。 その上にド派手なアイシングがのっているのがすごい!!ボリューム。


http://indolentdandy.net/fitzroyalty/2009/10/19/coffee-at-pollen-industries-on-brunswick-st/  


Posted by marky at 00:32Comments(2)

2011年01月07日

The green refectory

わたしの、ルームメイトに私がカフェでバイトを探している。と話したら、ここのカフェを紹介してくれた。

彼女は違うカフェで働いていて、その時に毎朝マフィンを調達しにこちらのカフェに行っていたらしい。

わたしは、いつものようにバイトが始まる前にカフェを訪れ、大きなマフィンと、普段なら買わないケーキを購入してみた。 店内はいつも混んでいるので、きっと食事が人気なのであろう。

こんど、メルボルンに行ったときにはここのカフェでブレッキーをしたいな。

トラムで行くなら、シティからメルボルン大学の方面へトラム№19の20番で下車してね。



http://www.yourrestaurants.com.au/guide/the_green_refectory/  


Posted by marky at 01:04Comments(0)

2010年12月24日

SHOP 7

ここのお店は、なんといってもバリスタのお兄さんがやさしい。

コーヒーは、おそらくベストコーヒーではなかろうか。

シティの中にある小さいお店だけど、バイトの前にここのコーヒーを景気づけでよく飲んでいました。
いつもわたしは、スマトラの豆と何かのブレンドのコーヒーをのんでいたんですが、ロングブラックのカップのなかにクレマがぎっしりはいっていると、おぉ~感動です。

なんだか、すごくメルボルンがなつかしい~な~。

人肌さみしい日本の冬からメリークリスマス!!





http://www.visitvictoria.com/displayobject.cfm/objectid.182FE629-131A-4E37-818AA2C895EEDE43/  


Posted by marky at 21:54Comments(0)

2010年12月15日

last year this momoent

カフェブログとは内容がはなれてしまうのですが、去年のちょうどいまごろ、わたしの、メルボルンライフがはじまりました。 今でも忘れられない、メルボルンへついた初日はすごく暑かった。

カナダの、トロントに留学したときのトロントの天気は、1月の半ば、雪でものすごく寒かった。


メルボルンでは、あっとゆうまに時間がながれていってしまった。 今思えば、もっといろいろなお店にいけばよかった~と思った。 とりあえず、忙しく働いていろいろな仕事をした。キッチンハンドに、夜のおしごと、ウェイトレス、ナイトクラブのクリーニングはしていないけど、面接にはいったな。

いつも、バイトの帰りにレストランから家までシティの中を歩いて帰るのがすごく楽しかった。
よる、誰もいなくなったお店のまえをあるくのはすごくしずかだけど、いお昼とは違った顔をもっている。

いまは、京都にすんでいるけど、自分の生活がおちついたら、またメルボルンでカフェめぐりのたびに出かけたい。


  


Posted by marky at 23:52Comments(2)

2010年11月19日

Proud mary

スミスストリートの裏にあるこのカフェは、こんなところにカフェが、と思わせるような場所にあった。


一度ここのお店にレジメを私にいったときに、シェフが日本人か?ときいてきたので、そうですと答えたら、日本のすし屋で働いていっていた。予想外であった

9月にランチを食べに行ったときの写真がこれです。

アンチョビのソースがつかってありまし。下の部分はジャガイモがお皿のようになっていて上にはベーコンとポーチドエッグがのっています。メルボルンのカフェはがんばっているな~と思わせる瞬間です。

皆さん是非。


  


Posted by marky at 23:07Comments(1)

2010年10月27日

Market Lane

ここのカフェには、無料のカッピングのセッションがあると聞いて、いってみたのが最初の来店であった。

それからも、ここにはカッピングにちょくちょくきていて。 



豆をここでローストしているので新鮮なコーヒーが飲めます。

日本に来てコーヒーを飲んでからわかったけど、日本のコーヒーは苦味が強いな。。

メルボルンのコーヒーは、コーヒーを飲み終わった後にフルーティーだったりチョコレートの味がしたりしていたのを思い出しました。



あーメルボルンは夏になっていくんだね~

プラーンのマーケットもお勧めだよ。 チーズが安い!!




Market Lane
Shop 13 Prahran Market
163 Commercial Road
(Entrance on Elizabeth Street)
South Yarra VIC 3141
Australia

http://www.marketlane.com.au/
  


Posted by marky at 00:42Comments(0)

2010年10月20日

Dead man espresso cafe

このカフェにはじめて行ったのは、ジャパレスで働いていて、昼休みの時に、コーヒーが飲みたいな~と思って、St アリは遠いし、、と思ってぶらっと立ち寄った店で、縁がありここのカフェでキッチンハンドの仕事を短期でやることになった。

私は、とりあえず何処のカフェで働きたいかをリストアップして、そしてそのリストアップされたお店の上位から順番にレジメを配りにいった。 たまたま、スタッフの空きがでることになって、その場でオウナーにいつ仕事ができるか聞かれた。



ちょうど仕事がおわったときに、オウナーと話す機会があって、仕事をゲットするのは本当にタイミングといっていた。

なので、自分が働きたいカフェにはちょくちょく顔をだすのがいいかと思われます。



そして、オウナーと、若手のシェフの話になり、彼は私と同じくらいにそのカフェで働きだし、まだ23歳なのに15の時から調理の仕事をしているためもうすでにキャリアが8年にもなるという、凄い!!彼は、すごくポジティブで、私がいろいろ聞いても、いつも親身になって答えてくれるとってもいいやつで、 私は彼ともっと仕事を一緒にしたかった~。



働くスタンスというか、態度というのは凄く大事らしい。 これは何処の世界でも一緒ですね。



ま、話はだいぶそれましたが、おすすめのめにゅ~。

クレープがおすすめです。 オレンジオイルがクレープの風味をとてもよくしています。人間は食事をする時に五感を使用しているといいますが、匂いにここまでやられるとは。

あと、②クランペットのサーモン添えがあるんですけど、これもなかなかいけます。クランペットのもちもちした触感がたまりません。

コーヒーは、セブンシードのものと、フィルターコーヒーでマーケットレーンのものを使っています。

場所は、クラウンカジノから近くです。(サウスメルボルン)

住所:35 Market St South Melbourne www.deadmanespresso.com.au



  


Posted by marky at 01:17Comments(1)

2010年10月12日

65degree

わたしは、ラッキーなことにルームメイトがコーヒーに詳しかった。



そしてバイトの休憩時間に2人でカフェめぐりをしたのであった。
その中のカフェのひとつ。

今でも忘れられない、私たちが各自オーダーがおわったあと、サービスでエスプレッソのショットをくれた。
それを飲み干したときの感動が今でも忘れられなく、だいぶそこのカフェは友達といった。

そして、レジメも2回か3回くらい配った。


しかも、バリスタの人たちは双子らしくその日を強烈な印象をもらった。 彼らの、働くスタイルも凄く参考になる。

日本のカフェ(チェーン)は、粋ではないような気がする。ちょっとなよってしているというか。







ラテアートです。(ラテアートチャンピョンになっているみたいです。過去に)
  


Posted by marky at 23:02Comments(1)

2010年10月05日

DUCHESS OF SPOTSWOOD

先週、このカフェにいってきました。 Cityから電車に揺られて20分ほど。駅をおりると、小さいお店がぽつぽつとならんでいた。

このカフェは、前に働いていたオーナー(Dead mas espresso cafe in South Melbourne)のお勧めのカフェで、さっそくいってみました。 

お店にはいると、あきらかにCITYのお店とは違う雰囲気。 席に着き、ウェイターに、わからないメニューを質問してみると、私の横に座って説明してくれた。 こうゆうところが、メルボルンのいいところだなと、つくづく実感。 そして、フードがはこばっれてみると、思わず私「わぁ~」ときらめき。写真を撮っていないのが残念。 いま旬なアスパラガスとラディッシュが彩りよく配置され、目においしいもりつけでした。ソースはヨーグルトっ感じで、これがアスパラにも、パンにもあうこと。 聞く話によると、シェフはイギリスの人らしいが。 


住所 87 Holdson Rd Spotswood(Near the Sports wood station) Mon~Fri


PS, Convent Bakery Adress:1 Saint Heliers St Abbotsford(Year all around expect public holidays)  


Posted by marky at 00:40Comments(1)

2010年09月30日

Convent Bakery

メルボルンにきてから、お菓子作りに興味をもちはじめ、たまたま新聞で見た、パン作りのワークショップをみて、行くことにした。 一人での参加で、少し不安はあったものの、10人くらいの少人数クラスで、なかにはカップルもいた。

予算は少々高めだとおもったけど、先生のショーンはフランスで何年間か勉強をしていたらしい。わたくし、ココのカフェの、アーモンドクロワッサンが好きで、きっとショーンが作っているのだろうと納得。
場所も、閑静な住宅街の中にある、カトリック系の教会のなかにあり、都会とは少し違う気分が味わえる。
 これは、実際にわたしがつくった、サワードウです。 天然酵母をいれているので独特の味がしました。  


Posted by marky at 23:06Comments(2)